【拡張機能】集中力が持続するタイマー機能の導入方法を紹介

拡張機能

ポモドーロテクニックって聞いたことありますか?

「集中して作業をする、短い休憩をする」を25分、5分区切りのサイクルを最大4回繰り返すという時間術です。

PC作業時は簡単にyoutubeやTwitterなどのサイトを検索出来てしまい僕たちの集中力を削ぎにかかってきます。今回紹介する Strict Workflowタイマーだけでなく、作業中のサイトのブロックも行う機能が付いておりより作業に集中して取り掛かれます

本記事の内容

  • Strict Workflowの導入方法
  • Strict Workflowの使い方
  • オプションで設定を変更する

Strict Workflowの導入方法

Strict Workflow
Enforces a 25min/5min workflow: 25 minutes of distraction-free work, followed by 5 minutes of break. Repeat as necessary.

chromeのアプリからウェブストアを開いて検索するか上のリンクから入ることで下記の画面に移動できます。

「Chromeに追加」をクリックします。 続けて「拡張機能を追加」をクリック。

これで導入は完了です。

Strict Workflowの使い方

右上に拡張機能のアイコンが並んでいると思いますので、このマークをクリック 。

これでタイマーのカウントダウンが始まります。デフォルトでは25分作業、5分休憩となっています。

25分が経過するとジリリリrと音が鳴って作業の終わりを告げてくれます。この音が控えめでいいんですよ!集中してるときにバカでかい音が鳴るとビクッっと驚いてしまうのでホントこの音は丁度よいです。

そこから5分タイマーに切り替わるのではなく、もう一度アイコンをクリックすることで切り替わるようになっています。

この機能がないタイマーだと、切りのいいところで作業が終わらなくて休憩時間が短くなってしまうんですよね…

基本的な使い方はこれだけです。カンタンですね。

オプションで設定を変更する

サイトをブロックするために 、オプションで設定を変更してみましょう。

chrome、右上のアイコンを右クリックしてオプションを選びます

するとこのような画面が表示されます。使い方はシンプルでブロックしたいサイトのURLをコピペして変更内容を保存でOK!ちなみにデフォルトで画像の設定になっています。

もう一つ素晴らしい機能として、赤文字で書かれているように一度作業に取り掛かるとサイトURLや時間の設定変更ができなくなるということがあります。これがあることで作業中にサイトを見てしまうといったことが回避できます

まとめ

いかがでしたか?今回はポモドーロテクニックを使った拡張機能、 Strict Workflow を紹介しました。

ブログを書くときはchromeでワードプレスを開いて書いているのでタイマーが右上に小さく出ているのはちょうどいいんですよね。PCに元から入っているタイマーだと、残り時間を確認するときに、いちいちタブを開かないといけなかったんで少し不便だったんですよねぇ。

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました